椎間板ヘルニア解消のために!腰痛改善博士の知恵袋を公開します。

 

椎間板ヘルニアは、基本的には手術などをしなくても時間をかければ自然に治る病気です。(もちろん例外はあります)
ただ、手術後をした椎間板ヘルニアであっても再発する可能性は10年間で10%ほどあるなど、再発するリスクも高いヘルニアでもあります。
こちらのページでは、椎間板ヘルニアになってしまって治そうとしている人や、椎間板ヘルニアが再発しないように予防したい人などのお役に立てる情報を発信していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


椎間板ヘルニアを治すのための知恵袋|腰痛改善博士記事一覧

このページで挙げる4つの項目は、特に椎間板ヘルニアの人が絶対に行ってはいけないことです。椎間板ヘルニアに限らず、腰痛の予防や改善をするには「腰に負担をかけないで腰痛の痛みを少なくしていく」が大事になってきます。どんな動きが腰痛、椎間板ヘルニアに悪いのかをしっかり把握しながら私生活を送るようにしていきましょう^^それでは、椎間板ヘルニアの時にやってはいけない4つの項目を説明していきます。背中を反らす...

椎間板ヘルニアの治療方法は大きく分けて、2つです。保存療法手術療法椎間板ヘルニアというものは、基本的には自然に治癒していく病気ですので、だいたいは保存療法で治療が行われます。そして、手術が必須の椎間板ヘルニアのみ、手術療法で治療していくといった感じです。ただし、急激な腰の痛みと一緒に、排尿ができなくなった場合は、至急手術療法を行う必要があります。馬尾の腫瘍や巨大なヘルニアが原因で、馬尾神経が圧迫さ...

おそらく、皆さんが思っているよりも、タバコは腰痛に悪いです。椎間板ヘルニアになって病院に行くと、どのお医者さんも「椎間板ヘルニアにタバコは良くない」と言われることが多いです。実際に、椎間板ヘルニアの発症とタバコには深い関係があるという実験結果があるからです。ニコチンが椎間板に悪影響!ヘルニアになるリスクが3倍!?日本腰痛学会雑誌によると、ウサギの体内にタバコの成分であるニコチンを入れて、椎間板への...

太っている人は椎間板ヘルニアになりやすいです。単純に、体重が重い分、腰椎や椎間板にかかる負担が大きくなるからです。これに加えて、加齢によって背骨の老化が進んだり、ある瞬間に腰椎や椎間板に強い負荷がかかったりすることで椎間板の中にある髄核が飛び出して神経を刺激してしまいます。これが、椎間板ヘルニアです。また、肥満の方が急にぎっくり腰になったりした場合は、椎間板ヘルニアの初期症状も疑う必要もあります。...

腰椎椎間板ヘルニアにおすすめの、超簡単にできるリハビリ・ストレッチ動画を発見しましたので紹介しておきます。ベットと枕さえあればできる手軽さがいいな、と思ったリハビリ・ストレッチ運動です。回数は20回/1日4セットだそうです。(これは手軽ではないですね汗)腰痛改善博士が見た、このリハビリ運動動画での注意点としては「無理に体を反り過ぎない」ことです。体を反らせて腰に負担をかけることは、椎間板ヘルニア患...

腰痛と聞いてまず思い浮かべるのが「ぎっくり腰」か「椎間板ヘルニア」かだと思いますし、腰痛の中では最もメジャーな病気だと言って良いでしょう。椎間板ヘルニアは、背骨のどの部分でも起こる可能性がありますが、腰痛になる椎間板ヘルニアはほとんどが「腰椎椎間板ヘルニア」(Lumbar disc herniation)です。これは腰椎を構成している椎間板の中にある髄核が突出して馬尾神経根を刺激することで痛みが発...