慢性腰痛も急性腰痛も!腰痛で病院に行く前にココを読め!

 

わたくし、腰痛改善博士が腰痛で病院を利用するときに知っておきたい注意点や役に立つ情報をまとめてみました!
整形外科選びで失敗しないコツや、腰痛で問診を受けるときに伝えるべき項目などの情報を載せました。
特にはじめて腰痛になってしまって、どうすればいいか分からない!という方にとって役に立つ内容だと思いますので、腰痛に悩んでいる人はチェックしてみてください。


腰痛で病院へ行く前に見ておきたい情報集|腰痛改善博士記事一覧

腰痛になってしまった時に行われる診察に時に伝えるべきチェックポイントを列挙してみました!!どの箇所が痛いか?どのくらい痛い?どういう風に痛い?(感覚でOK)痛みはいつから出た?動くと痛いか?どの姿勢になった時に痛みが出るか?腰の痛み以外に何か症状はあるか?(しびれなど)どんな仕事内容か?(力仕事?デスクワーク?)以前大きなケガや病気をしたことはある?今使っている薬や通院状況などは?腰痛症になった、...

実は、腰痛という病気は病院に行っても、具体的な原因がハッキリ分からないことが多いです。腰痛の80%は原因が特定できないと言われているほどです。しかし、腰痛改善博士の考えとしては、「腰痛になったら、まずは病院で診察してもらう」ことをおすすめします。そこでもし、自分の腰痛の種類や、原因などをハッキリさせることができれば、その原因を解消すれば腰痛は治っていきます。原因が特定できなかったとしても、自分の骨...

ずばり一言で言うと・・・「第三者の視点で書かれた病院の口コミが集まったサイト」で患者さんの評判を見る。これでだいたい悪い病院を除外できます。では、第三者の視点で書かれた病院の口コミを具体的に挙げてみます。ビットストリートCaloo・カルー(病院口コミ検索サイト)エキテンこの3つを見て評判の良い整形外科をチョイスすれば大丈夫です。「ドクターズ・ファイル」という病院を探せるポータルサイトのようなサイト...

主治医の意見にシックリこない場合は、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めることを強くおすすめします。これは当サイト管理人の経験からも言えることです。(このページの最後に書きます)特に腰痛の手術を行う時などは、慎重に治療法を考えるためにはセカンドオピニオンに診察してもらうのは非常に良い方法といえるでしょう。セカンドオピニオンに意見を聞く!3つの手順セカンドオピニオンを探す通常の診察とは別に「セカンドオ...

ペインクリニックは、体の部位を問わず診察対象となりますので当然、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛の酷い痛みにも、効果はしっかりあります。ただ、いきなりペインクリニックへ行けばいいわけではありません。ここが大事な注意点です。痛みが酷いからと言って、まずペインクリニックへ行くというのは、あまり良い選択ではありませんので、これについてお話していきたいと思います。