腰痛改善博士が答える!よくある腰痛の疑問Q&A

腰痛解消法まとめ

 

腰痛改善博士が「よく腰痛持ちさんから聞かれるQ&A」を公開します。

 

腰痛のことを勉強しても、意外と知らなかった腰痛のことについて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。腰痛でよくある「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」だけではなく、「坐骨神経痛」など腰椎に深く関係してくる症状などの記事を書いています。
腰痛に苦しんでいる人が、当サイトの記事を読んで少しでも楽になる情報を得ていただければ、腰痛改善博士は嬉しいです^^


腰痛改善博士が教える!腰痛解消の豆知識!記事一覧

基本的には、ギックリ腰などの急性腰痛には冷湿布で冷やす。慢性的な腰痛の場合は、温湿布などを温める。というのが鉄則です。ここでの注意点は、簡単に言うと3つです。温めすぎ、冷やし過ぎに注意!まず、「慢性腰痛時の温め過ぎ」ですが、体を温めようとし過ぎでお風呂に何度も入ったり、長湯しすぎるのは良くありません。お風呂は気分転換や温熱効果を得るのに非常に適しているのですが、こちらはほどほどにしておきましょう。...

腰痛持ちにとって良いのは、洋式トイレの方です。※ただし、以下の機能が付いた高性能なトイレであればです。温水で俳便を刺激してくれる機能便座に保温機能が付いているタイプ「腰痛持ちの人=慢性腰痛の人」と考えると、下半身を冷やしてしまうのはあまり良くありません。慢性腰痛には「温める」というのが基本です。腰だけではなく、お年寄りなどでは膝が悪い方も多いと思いますがこういった場合も洋式トイレだと和式トイレのよ...

整体院の先生が紹介している、簡単にできる腰痛改善筋トレの動画を発見しました。結構地味な筋トレですが、その分オフィスで仕事中でも、ちょっとした時間でできるので簡単にできると思ってシェアさせてもらいました!腰痛改善博士も、かなりデスクワークが多いので、疲れたときに椅子の上でこのストレッチを行うようにしています。

トラックやバスのドライバーは長時間座っているので腰痛になりやすいです。こうした長時間の運転を仕事にしている人が注意すべき点は以下です。休憩時は下車して腰を伸ばす!車から下車できない場合は椅子の上で腰を伸ばす!運転中は良い姿勢を常に意識する!車の椅子の傾斜・シートを座りやすい位置に!

運動業者の方は、ぎっくり腰などの急性腰痛からはじまる慢性腰痛になりやすいです。ぎっくり腰といえば、重い荷物を持ち上げた時に「グキッ」と来る「魔女の一撃」と呼ばれる激痛が走る急性腰痛です。「重い荷物」といえば運送業者さんです。運動業者の方は非常に腰痛にやりやすい職業ですので、荷物の持ち上げ方を以下のように変えてみると、かなり腰への負担が軽減されるのでオススメです。腰痛持ちの運送業者が気をつけるべき2...

腰痛持ちの農家の方が注意すべきなのはシンプルです。前かがみの姿勢にならず、膝をついて作業をする。これを注意するだけでかなり変わるでしょう。農業で畑仕事をしている人に限らず、畜産業の仕事をしている人も腰痛になりやすいです。共通しているのは、仕事上どうしても前かがみになってしまう点です。ずっと前かがみで下を向いたような姿勢でいると、腰に非常に負担がかかりますし、ずっと腰の筋肉が引き伸ばされているような...

妊婦、経産婦さんはかわいそうになるくらい腰痛に悩む人が多いし、腰痛になりやすいです。腰痛に悩むくらいなので、ご存知の方も多いと思いますが・・・妊婦、経産婦さんの腰痛対策の肝となるのが「骨盤」です。骨盤を常に正しい位置に保つことが、出産後の腰痛予防にもなります。この「骨盤矯正」に非常に有効な2つの腰痛対策グッズを紹介します。とこちゃんベルト凄く評判の良い骨盤ベルトです。とこちゃんベルトを使って、腰痛...

「腰部脊柱管狭窄症と間欠はこうについて」腰部脊柱管狭窄症の診察において大事になってくるのが、「PAD(末梢動脈疾患)」です。「PAD(末梢動脈疾患)」というのは、動脈硬化で足の動脈の内腔が狭くなって血流の障害が起こる病気です。この病気の症状は足の痺れや冷えからはじまって、「間欠跛行(かんけつはこう)」などが起こります。間欠跛行(かんけつはこう)というは、腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状ですね。ここか...

立ち仕事で腰痛を患う方が非常に多い美容師さんのためにオススメの腰痛対策グッズを、アイテムごとに選定して3つに厳選してみました。私の髪をいつも切ってくれる美容師さんも腰痛持ちです。実際にその美容師さんにもオススメした3つの腰痛対策グッズをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。美容師さんに良い腰痛対策グッズ(椅子編)アーユルチェアー01腰痛持ちの方に非常に支持されている椅子がアーユルチェアーです。...